SEO

ホワイトseoとブラックseo

本来seo対策というのは「全ての検索エンジン」について検索結果を上位にする対策を指します。しかし現状のseo対策といえば、国内のシェアのほとんどを担っている関係で、Google検索エンジンでの検索結果が上位になるようseo対策が行われることが多いです。
そのGoogle検索エンジンのseo対策のひとつに「被リンク数を増やす」というものがあります。これはGoogleの検索エンジンが、他サイトからたくさんリンクされているページを高く評価して上位に表示する傾向にあるからです。
これを利用して通常のseo対策では多くのサイトからリンクしてもらえるような良質なコンテンツを作り上げることで被リンク数を増やすということをおこないます。しかし一方でこのシステムを逆に利用し、自らが立ち上げた別のサイト同士をお互いにリンクさせ、自作自演で被リンク数を稼ぎ、Google検索エンジンのページ評価を偽るということもseo対策として行われています。
前者は主にホワイトseo、後者はブラックseoと呼ばれており、現状ではどちらもページを上位に表示させる手段としては有効なのですが、良質なコンテンツを提供しているホワイトseoに対して、安易な自演リンクで評価を偽っているブラックseoは、いつGoogleの評価対象外になるかわからないため、長期的な視点から見るとホワイトseoのほうが良いとされています。